• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「愛人DV」で書類送検 国会も問題視する大塚政務官の行状

 現職の国交政務官が、元愛人から「辞職勧告」を突きつけられる前代未聞の事態になっている。15日の衆院国土交通委員会でも取り上げられた。

 辞職勧告を突きつけられたのは、大塚高司国交政務官(50)。昨年8月に元愛人のA子さん(41)とマンションのエレベーター内で口論となり、A子さんを殴りつけて負傷させたという。A子さんは大阪府警に被害届を出し、大塚議員は傷害の容疑で書類送検になった。A子さんが殴られた後に撮った写真を見ると、A子さんの腕は真っ赤に内出血している。相当強く殴られたのは間違いない。

「大塚議員とA子さんは、その後、“和解”し、A子さんも被害届を取り下げている。A子さんは大塚議員の“謝罪”を条件に被害届を取り下げたそうです。おかげで大塚議員は不起訴になったが、いまだにA子さんに対する謝罪がないと、A子さんはカンカンになり、今回の辞職勧告に至りました。A子さんは、大塚議員を“処分”するよう、衆院議長に文書を提出しています」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る