元夫・舛添の応援拒否 片山さつきが抱える結婚生活のトラウマ

公開日: 更新日:

 勝つためには土下座もへっちゃらだが、元夫には手を貸す気がないらしい。片山さつき参院議員(54)が19日、安倍首相から「誰よりも片山さんに応援に立って欲しい」と、舛添元厚労相(65)の“応援弁士”を頼まれたことを明らかにした。片山は、「障害を持つ婚外子に対する慰謝料や扶養が不十分。解決していない」と拒否したという。確かに舛添は、元愛人との間に生まれた子供の養育費をめぐって裁判をやっている。だが、片山が拒否したのは、それだけが理由ではないだろう。

■さすがの目立ちたがり屋も…

 片山と舛添は1986年にお見合いで結婚したものの、2年3カ月後に離婚している。これについて片山は、「週刊新潮」で〈「平穏」だったのは最初の数週間だけ〉〈その辺にあるものを手当たり次第に投げつける〉〈いくつものナイフを私の目の前にズラーッと並べた〉〈ただただ、怖かった〉と明かしていた。舛添に愛人がいて、妊娠していることまで発覚し、離婚したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る