不毛な審議に拍車をかけた安倍首相の“のらりくらり”戦略

公開日:  更新日:

 衆院予算委員会で30日、7時間の集中審議が開かれた。

 新閣僚の「政治とカネ」の問題が次々と発覚してから初の本格的な国会論戦。午前中、質問に立った民主党の枝野幹事長は、まず、辞任した小渕前経産相と松島前法相について安倍首相の任命責任を追及。さらに、政治資金問題が発覚した江渡防衛相や望月環境相、宮沢経産相らにも説明責任を果たすよう、安倍首相が指示すべきだと要求し、アベノミクスの失敗についても追及した。

 続いて質問に立った細野元幹事長は、宮沢経産相が原発事故後に福島県を訪れたことがなく、「応援するため」と言って東電株式を保有していることを問題視し、経産相にふさわしくないと批判した。

 安倍首相は閣僚の任命責任については認めたが、他の質問にはマトモに答えず、枝野幹事長の政治資金問題や支援団体との関係をあげつらうなど、聞かれてもいないことを話し続けて時間を浪費。揚げ句に、「公共の電波を使って(悪い)イメージづくりをするのはやめていただきたい」とキレていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る