伝説ディーラー藤巻健史氏「物価上昇は20%まで加速する」

公開日:  更新日:

日本は市場原理の働かない「社会主義国」

――ハイパーインフレになったら、日本はどうなるのか。考えるだけでも恐ろしいですが……。

 ハイパーインフレは地獄ですが、グシャッとなって終わりじゃない。日本の財政が潰れても、日本の国が潰れるわけじゃないんです。第2次大戦後に軍事国家日本が破綻し、民主主義国家日本が再生したように、ハイパーインフレの後、この国は再生すると思います。円安で日本は必ずや大復活するはずですから。

――円安で復活する? 円安で恩恵を受けるのは輸出企業だけじゃないですか。

 輸出だけじゃありません。一番大きいのは労働力でしょうね。今は円が強いからみんな外国人を雇う。だから工場が外国へ行ってしまって、国内は空洞化した。為替は今、1ドル=76円から110円になりましたが、まだ工場は戻ってこない。しかし、150円や180円になったら戻ってきますよ。そうすると人手不足になります。地方に工場が戻って、地方も活性化します。農業だって円安になれば復活ですよ。例えばサトウキビ。昔、沖縄の砂糖って元気だったけれど、今は円が強いから外国の砂糖が安く買える。それで日本のサトウキビがダメになった。観光業だってそうです。沖縄のタクシー運転手さんが「昔は競争相手は北海道だけだったけど、今はグアムやハワイにお客さんが行ってしまう」と嘆いていました。しかし、弱い円ではハワイ旅行は高すぎるから沖縄へ戻ってくる。つまり、円で売っているもの、サービス、労働力と、全て魅力的になるわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る