• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

伝説ディーラー藤巻健史氏「物価上昇は20%まで加速する」

日本は市場原理の働かない「社会主義国」

――ハイパーインフレになったら、日本はどうなるのか。考えるだけでも恐ろしいですが……。

 ハイパーインフレは地獄ですが、グシャッとなって終わりじゃない。日本の財政が潰れても、日本の国が潰れるわけじゃないんです。第2次大戦後に軍事国家日本が破綻し、民主主義国家日本が再生したように、ハイパーインフレの後、この国は再生すると思います。円安で日本は必ずや大復活するはずですから。

――円安で復活する? 円安で恩恵を受けるのは輸出企業だけじゃないですか。

 輸出だけじゃありません。一番大きいのは労働力でしょうね。今は円が強いからみんな外国人を雇う。だから工場が外国へ行ってしまって、国内は空洞化した。為替は今、1ドル=76円から110円になりましたが、まだ工場は戻ってこない。しかし、150円や180円になったら戻ってきますよ。そうすると人手不足になります。地方に工場が戻って、地方も活性化します。農業だって円安になれば復活ですよ。例えばサトウキビ。昔、沖縄の砂糖って元気だったけれど、今は円が強いから外国の砂糖が安く買える。それで日本のサトウキビがダメになった。観光業だってそうです。沖縄のタクシー運転手さんが「昔は競争相手は北海道だけだったけど、今はグアムやハワイにお客さんが行ってしまう」と嘆いていました。しかし、弱い円ではハワイ旅行は高すぎるから沖縄へ戻ってくる。つまり、円で売っているもの、サービス、労働力と、全て魅力的になるわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る