<東京1区>実績ゼロで右往左往…山田美樹議員に地元の悪評

公開日: 更新日:

 安倍首相の失政隠し解散に多くの自民党議員は慌てふためいている。中でも悲惨なのが、マトモな選挙地盤も政治実績もない1回生議員だが、東京1区の山田美樹衆院議員(40)もそのひとりだ。

 東大法卒、コロンビア大でMBA、通商産業省を経て、エルメス・ジャポンへ。絵に描いたような経歴で、引退した与謝野馨元官房長官の後釜に座ったのだが、「次はない」とみられている。

 前回はあれだけ民主党への逆風が吹いていたのに、山田の得票は8万2013票。対抗馬の海江田万里・民主党代表は8万879票。海江田の惜敗率は98・62%だ。

 フツーならば肝を冷やすところだ。勝利に浮かれず、ふんどしを締め直し、地元活動に精を出す。これが当たり前なのに、山田は相変わらず、地元に浸透していない。「地元では『もうひとりの松島みどり』といわれている」(地元選対関係者)というからヒドイものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る