高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

アベノミクスのほかに道がある

公開日: 更新日:

「アベノミクスが正しいか、それともほかに道があるのか」――。安倍首相の経済政策について、国民が審判を下す選挙が始まっている。選挙民は心して投票に臨むべきだ。「異次元の金融緩和」がスタートして2年近く、はたして日本経済はどうなったのか。安倍政権が胸を張る経済政策の効用を冷静に見極めなければならない。さすれば結論はおのずと浮かんでくるだろう。

 安倍首相が政策のベースとしている経済モデルは、40~50年前の日本である。輸出立国を標榜し、輸入した原材料を国内の工場で製品化して輸出するスタイル。輸出企業が潤えば、雇用が増え、消費は上向き、設備投資も活発になる。高度成長期の日本経済は、確かにこんな姿だった。

 今は全然違う。日本企業の多くが生産拠点を海外に移したため、国内生産は減少の一途で、輸出はどんどん減っている。輸出立国は遠い昔の思い出だ。時計は逆回転しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  7. 7

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  8. 8

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  9. 9

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  10. 10

    デビュー45周年で人気再燃 岡田奈々「永遠の清純派」伝説

もっと見る