問い合わせ殺到「投票入場券が届かない」…史上最低投票率へ

公開日: 更新日:

「期日前投票をしたいが、投票入場券がまだ届かない」――こんな問い合わせが各市区町村の選挙管理委員会に殺到している。急な解散で印刷が間に合わず、アチコチで発送が遅れているのだ。

 報道によると、発送が遅れたのは大阪市で150万世帯分、さいたま市で54万世帯分、岡山市で56万3000人分、和歌山市で31万人分、秋田市で26万5000人分などで、横浜市でも多くの有権者に入場券が届いていないようだ。

 所管の総務省は女優の仲間由紀恵をイメージキャラクターに起用。大量のポスター、テレビCM、新聞広告などを通じて期日前投票を呼びかけているが、選挙啓発に税金を使うより、まず有権者に入場券を届けることを優先すべきだろう。

■選管は「必ず届ける義務はありません」

 どれだけの有権者に、まだ入場券が届いていないのか。総務省選挙部管理課に問い合わせると、「実数は把握していません。発送の遅れている選管の数も、報道で知る限りの情報しか持ち得ていない」と、担当者はのんびりした答え。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  8. 8

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  9. 9

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る