民主“本拠地”東京で「野党1勝24敗」の衝撃データ

公開日:  更新日:

「自民現状維持(295)」「自民300議席超」など、永田町ではとんでもない数字が飛び交っているが、自民圧勝を牽引している地域のひとつが大票田の東京だ。自民党の情勢調査では、25選挙区で「24勝(公明含む)」という衝撃のデータだったという。

「自民党が負けているのは、前回も小選挙区で敗れた21区だけです。さすがに民主の長島さんは強い。ただ、同じく自民が前回敗れた7区は、競ってはいるものの、現状、自民の松本さんが民主の長妻元厚労相を上回っている。民主は海江田代表や菅元首相も落選危機。比例復活も微妙です」(自民党関係者)

 自民党の調査では、全国的に見れば、民主党候補が優勢だったり、大接戦になっている選挙区が少なくないという。北海道、愛知、新潟、山梨、滋賀、沖縄など、もともと民主が強いとされ、過去に自民が全敗したような地域だ。沖縄は県知事選で反米軍基地、反安倍の翁長新知事が勝利した勢いもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る