• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東電、7&i、武田薬品…業界が固唾飲むトップ人事の行方

 東電の会長人事が話題だ。6月に任期が切れる数土文夫会長の後任に、東電の社外取締役で、LIXILグループ社長兼CEOの藤森義明氏(63)が挙がっている。

「上昇志向が非常に強い藤森氏は、財界の雄・東電会長ポストを足掛かりに、もうひと花咲かせようと考えても不思議ありません。しかし、藤森氏といえば、日本GE会長兼社長兼CEOからLIXILに転じた。GEは福島第1原発の1、2、6号機の建設に絡んだメーカーです。そう簡単に引き受けられるか。そこで、藤森氏を推す安倍政権サイドがマスコミを使って、観測気球を上げたのかもしれません」(事情通)

 今年はほかにも注目のトップ人事がある。セブン&アイHDの村田紀敏社長の去就もそのひとつだ。

「05年9月に社長に就いた村田氏は今年71歳で、節目の10期を終えるため、去年から退任がウワサされています。そこにもってきて、鈴木敏文会長兼CEOの次男・康弘氏が昨年3月に執行役員、そして先月、CIOに就任。とんとん拍子で出世しています。ポスト村田が誰かはともかく、今年50歳を迎える康弘氏に将来バトンをつなぐことを考えると、今年は絶好のタイミングでしょう」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る