東電、7&i、武田薬品…業界が固唾飲むトップ人事の行方

公開日:  更新日:

 東電の会長人事が話題だ。6月に任期が切れる数土文夫会長の後任に、東電の社外取締役で、LIXILグループ社長兼CEOの藤森義明氏(63)が挙がっている。

「上昇志向が非常に強い藤森氏は、財界の雄・東電会長ポストを足掛かりに、もうひと花咲かせようと考えても不思議ありません。しかし、藤森氏といえば、日本GE会長兼社長兼CEOからLIXILに転じた。GEは福島第1原発の1、2、6号機の建設に絡んだメーカーです。そう簡単に引き受けられるか。そこで、藤森氏を推す安倍政権サイドがマスコミを使って、観測気球を上げたのかもしれません」(事情通)

 今年はほかにも注目のトップ人事がある。セブン&アイHDの村田紀敏社長の去就もそのひとつだ。

「05年9月に社長に就いた村田氏は今年71歳で、節目の10期を終えるため、去年から退任がウワサされています。そこにもってきて、鈴木敏文会長兼CEOの次男・康弘氏が昨年3月に執行役員、そして先月、CIOに就任。とんとん拍子で出世しています。ポスト村田が誰かはともかく、今年50歳を迎える康弘氏に将来バトンをつなぐことを考えると、今年は絶好のタイミングでしょう」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る