大阪地検証拠改ざん事件を彷彿 美濃加茂市長の「無罪判決」

公開日: 更新日:

「起訴されたら99%は有罪になると聞いていたので、無罪と言い渡された時はホッとしました」

 現役の全国最年少市長の汚職事件として注目を集めた岐阜・美濃加茂市の藤井浩人市長(30)は5日の無罪判決後の会見で、そう言って笑顔を浮かべた。

 それほど「自治体首長の汚職事件で1審無罪は異例」(司法ジャーナリスト)なのだが、法曹関係者の間では「やっぱり無罪か」ともっぱらだ。藤井市長の弁護団いわく「検察がメンツにかけても有罪にしないといけないと考えて取り組んできているような事件」だったからだ。

 起訴状などによると、藤井市長は13年、市内の中学校に雨水のろ過装置を設置する見返りに、業者から現金30万円を受け取ったとして、収賄などの罪に問われていた。

■変わらない検察の“本質”

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  5. 5

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  6. 6

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  7. 7

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  10. 10

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

もっと見る