50年間も不正受給見逃し…「日本年金機構」の変わらない体質

公開日: 更新日:

 超ド級の年金不正受給が発覚した。約50年前に死亡した両親の年金を不正に受け取っていた、岐阜県恵那市の無職・鈴木光枝容疑者(86)が、詐欺などの容疑で7日、県警恵那署に逮捕された。

 逮捕容疑は、両親が生きていると装った現況届を日本年金機構に提出し、2013年4月~14年12月、約260万円の厚生年金をだまし取った疑い。不正受給総額は公訴時効(7年)の分も含めると、約5100万円にも上るという。

「鈴木容疑者の母親は1965年に60歳で、父親は68年に65歳で死亡しており、役所に両親の死亡届は提出されています。日本年金機構・多治見年金事務所の職員が不正受給に気付き、今年の3月3日に告発したことで発覚しました」(捜査事情通)

 職員が不正を把握した時期は不明だが、日本年金機構は約50年もの間、不正受給に気付かなかったのだろうか。広報担当者は「個別の案件に関しては答えられない」としながら、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る