• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハシモト劇場は終わらない? ウルトラCは「大阪第2都構想」

 17日、政界を引退する意向を表明した橋下徹・大阪市長。ポイントは「市長の任期まではやる」と断言したことだ。12月18日の任期満了まで残り8カ月。このまま静かに市政を離れるとは思えない。

 橋下市長の動向のカギを握るのは公明党の存在だろう。今回は土壇場で都構想反対に回ったとはいえ、自民党や共産党のように“橋下憎し”一辺倒だったわけではないからだ。

 もともと「都構想」には反対姿勢を示していた公明党は昨年12月の衆院選で方針を急転換。大阪で勢いのある維新と水面下で選挙協力の“密約”を結ぶ一方、都構想の住民投票実施を受け入れた経緯がある。

 さらに注目すべきは、公明党大阪府本部が3月に公表した「ローカルマニフェスト」の中身である。大阪市内の24ある行政区を10ほどに再編して区長の権限を強め、市議会の定数を現在の86から65に削減する――といった「都構想」に近い内容が目立つほか、維新が訴えている「市営地下鉄の民営化」も盛り込まれていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る