上海株暴落の原因なのか…中国・習近平「暗殺未遂」の怪情報

公開日: 更新日:

 上海株暴落の原因は習近平国家主席の「暗殺」!?――。日本の株式相場にも大きな影響を与えた上海株相場の動向をめぐって“怪情報”が流れている。

「中国のSNSで、習主席が6月17日に襲撃されて重傷との噂が流れています。それを信じた一部の投資家たちが体制崩壊を危惧し、空売りに走った。それが、上海株暴落の引き金ではないかといわれているのです」(在中ジャーナリスト)

 にわかには信じがたいが、確かに習主席はこれまで6回も暗殺されかけている。1回目は副主席だった12年8月、会議室に時限爆弾が仕掛けられていた。健康診断を受けた際、注射器に毒を盛られたのが2回目の暗殺未遂だ。両方とも6月11日に無期懲役の判決を受けた周永康の指示だったとされる。今回は誰に狙われたのか。

「月刊中国」を主幹する中国人ジャーナリストの鳴霞氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る