• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上海株暴落の原因なのか…中国・習近平「暗殺未遂」の怪情報

 上海株暴落の原因は習近平国家主席の「暗殺」!?――。日本の株式相場にも大きな影響を与えた上海株相場の動向をめぐって“怪情報”が流れている。

「中国のSNSで、習主席が6月17日に襲撃されて重傷との噂が流れています。それを信じた一部の投資家たちが体制崩壊を危惧し、空売りに走った。それが、上海株暴落の引き金ではないかといわれているのです」(在中ジャーナリスト)

 にわかには信じがたいが、確かに習主席はこれまで6回も暗殺されかけている。1回目は副主席だった12年8月、会議室に時限爆弾が仕掛けられていた。健康診断を受けた際、注射器に毒を盛られたのが2回目の暗殺未遂だ。両方とも6月11日に無期懲役の判決を受けた周永康の指示だったとされる。今回は誰に狙われたのか。

「月刊中国」を主幹する中国人ジャーナリストの鳴霞氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る