中国バブル崩壊の戦慄 官民買い支えで株反発も市場不安視

公開日: 更新日:

 世界経済を揺るがす火ダネはギリシャ危機だけではない。市場は中国株の大幅下落にも神経質になっている。

「ギリシャ問題がなかったら、市場の最大テーマは中国株だったはずです。何しろ3週間で3割も下落した。ギリシャの次は、中国が金融危機の震源地になる」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 中国株の主要指標である上海総合指数は昨秋以降、ほぼ一本調子で上昇し、6月12日に5178(1990年12月が100)の高値を付けた。ナント過去1年間で2.5倍増だ。

 ところが、証券市場で「6月12日が今年のピーク」という臆測が流れ、潮目はガラリと変わった。売りが売りを呼ぶ暴落相場が出現し、上海総合指数は3686(7月3日)まで下落。日経平均に当てはめると最高値の2万952円から、わずか3週間で1万4666円に暴落したことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  8. 8

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  9. 9

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る