中国バブル崩壊の戦慄 官民買い支えで株反発も市場不安視

公開日:  更新日:

 世界経済を揺るがす火ダネはギリシャ危機だけではない。市場は中国株の大幅下落にも神経質になっている。

「ギリシャ問題がなかったら、市場の最大テーマは中国株だったはずです。何しろ3週間で3割も下落した。ギリシャの次は、中国が金融危機の震源地になる」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 中国株の主要指標である上海総合指数は昨秋以降、ほぼ一本調子で上昇し、6月12日に5178(1990年12月が100)の高値を付けた。ナント過去1年間で2.5倍増だ。

 ところが、証券市場で「6月12日が今年のピーク」という臆測が流れ、潮目はガラリと変わった。売りが売りを呼ぶ暴落相場が出現し、上海総合指数は3686(7月3日)まで下落。日経平均に当てはめると最高値の2万952円から、わずか3週間で1万4666円に暴落したことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る