薬のスマホ予約が布石…楽天・三木谷社長が狙う10兆円市場

公開日: 更新日:

医療ビッグデータも蓄積

 楽天が子会社のケンコーコムを通じて、処方薬の受け取りをスマホで予約できるサービスを始めたのは昨年2月。スタートから1年半も経っているが、11日付の日経新聞は「今月下旬に始める」と報じ、薬局での待ち時間が短縮できるとヨイショしてみせた。

 利用者は、スマホで撮影した処方箋をサービスサイト「ヨヤクスリ」に登録。希望時間帯と最寄りの薬局を入力して、その時間に出向けば、薬を受け取れ、自動でおくすり手帳まで作成される。それが待ち時間短縮の根拠だが、このサービスには、商売上手な三木谷浩史社長のしたたかな打算が透けて見える。

「三木谷社長は規制緩和を建前に国を提訴してまで、昨年6月、市販薬のネット販売を実現しました。そこまで薬にこだわる狙いは、ズバリ、処方薬ともっぱらです。市場規模は、市販薬の8000億円を2ケタ上回る10兆円。まだ処方薬のネット販売はできませんが、将来的には先行する米国の流れに沿うはずで、処方薬のスマホ予約はそこにくさびを打つための布石。しかも、医療ビッグデータも蓄積できて一石二鳥なのです」(製薬業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る