• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10分で方針決定&工程表ナシ 「新国立」再計画も空中分解必至

 早くも雲行きが怪しくなってきた。スッタモンダの末に「白紙撤回」された新国立競技場整備計画。政府は14日、再検討における「基本的な考え方」を発表。「できる限りコストを抑制し、現実的にベストな計画を策定する」と宣言したが、このままだと再計画も“迷走”しかねない状況になってきた。

 自民党の河野太郎衆院議員は17日のブログで、〈新国立競技場のあやまちを繰り返さないために〉と題し、政府の「基本的な考え方」の公表経緯をこう批判している。

「午後4時45分から午後4時55分までの10分間だけの(関係閣僚)会議であったことも、(自民党の)行革推進本部としては問題視しています」「わずか10分間の会議で、事務方が用意したペーパーを追認するだけでは、JSCが設置した有識者会議と何ら変わりはありません」

 河野の“身内批判”は珍しくないが、さすがに「たった10分で方針を決めるのはヒド過ぎる」と言いたかったのだろう。中身をよく把握、確認せず、気付いた時は後の祭りじゃあ、同じ失敗を繰り返すだけだ。何のために白紙撤回したのか分からない。本当に「10分」で決めたのか。政府の担当者に聞くと、アッサリと認めた上でこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

もっと見る