10分で方針決定&工程表ナシ 「新国立」再計画も空中分解必至

公開日:  更新日:

 早くも雲行きが怪しくなってきた。スッタモンダの末に「白紙撤回」された新国立競技場整備計画。政府は14日、再検討における「基本的な考え方」を発表。「できる限りコストを抑制し、現実的にベストな計画を策定する」と宣言したが、このままだと再計画も“迷走”しかねない状況になってきた。

 自民党の河野太郎衆院議員は17日のブログで、〈新国立競技場のあやまちを繰り返さないために〉と題し、政府の「基本的な考え方」の公表経緯をこう批判している。

「午後4時45分から午後4時55分までの10分間だけの(関係閣僚)会議であったことも、(自民党の)行革推進本部としては問題視しています」「わずか10分間の会議で、事務方が用意したペーパーを追認するだけでは、JSCが設置した有識者会議と何ら変わりはありません」

 河野の“身内批判”は珍しくないが、さすがに「たった10分で方針を決めるのはヒド過ぎる」と言いたかったのだろう。中身をよく把握、確認せず、気付いた時は後の祭りじゃあ、同じ失敗を繰り返すだけだ。何のために白紙撤回したのか分からない。本当に「10分」で決めたのか。政府の担当者に聞くと、アッサリと認めた上でこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る