4000人との報道も 難民に紛れ込む「イスラム国戦闘員」の恐怖

公開日:  更新日:

 シリアなど中東から16万人もの難民が欧州に殺到し、新たな懸念が生まれている。難民の中に、「イスラム国」の戦闘員が紛れ込んでいるのではないか、という疑惑が浮上しているのだ。陸から、海から、次々にやってくる難民一人一人の素性や身元を確認していくことは事実上、不可能。戦闘員たちが紛れ込む余地は十分にある。

 英国のタブロイド紙「デーリー・エクスプレス」も、この問題を大々的に報道。イスラム国のスパイが明かしたところによると、難民に紛れ込むかたちで4000人以上の戦闘員が欧州に入り込むことに成功したようだと報じている。これが本当なら、欧州中が大変なことになる。

「現代イスラム研究センター」理事長の宮田律氏はこう言う。

「戦闘員が入り込んできている可能性はあります。ボートなどに乗った難民に紛れ込んでしまえば、区別はつきません。パスポートも持っていないわけですから、どういう人物かも特定できない。欧州から一度、イスラム国に入ったメンバーが、再び欧州に戻ってくる“Uターン”現象のようなものが起こっていることも考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る