4000人との報道も 難民に紛れ込む「イスラム国戦闘員」の恐怖

公開日: 更新日:

 シリアなど中東から16万人もの難民が欧州に殺到し、新たな懸念が生まれている。難民の中に、「イスラム国」の戦闘員が紛れ込んでいるのではないか、という疑惑が浮上しているのだ。陸から、海から、次々にやってくる難民一人一人の素性や身元を確認していくことは事実上、不可能。戦闘員たちが紛れ込む余地は十分にある。

 英国のタブロイド紙「デーリー・エクスプレス」も、この問題を大々的に報道。イスラム国のスパイが明かしたところによると、難民に紛れ込むかたちで4000人以上の戦闘員が欧州に入り込むことに成功したようだと報じている。これが本当なら、欧州中が大変なことになる。

「現代イスラム研究センター」理事長の宮田律氏はこう言う。

「戦闘員が入り込んできている可能性はあります。ボートなどに乗った難民に紛れ込んでしまえば、区別はつきません。パスポートも持っていないわけですから、どういう人物かも特定できない。欧州から一度、イスラム国に入ったメンバーが、再び欧州に戻ってくる“Uターン”現象のようなものが起こっていることも考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  5. 5

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る