日本を標的に イスラム国の「サイバー攻撃」何を意味するのか

公開日: 更新日:

 何だか不気味だ。「イスラム国」の賛同者とみられる組織が、8日から日本にサイバー攻撃を一斉に仕掛けてきている。

 これまでに少なくとも8つのサイトが、トップページにイスラム国のシンボルである黒い旗の画像を張られる改ざんの被害に遭っている。狙われたサイトは、福岡市役所の関連団体や札幌市の観光会社、東京・府中市のフットサルチームなど全国に広がっていて、業種もバラバラだ。

「攻撃手法や画像の酷似などから、イスラム国と関係が深い『サイバーカリフ国』と呼ばれるハッカー集団が仕掛けてきた可能性が高い。実は昨年末にも、国内の4つのサイトが同様の攻撃を受けていました」(IT業界関係者)

 黒い旗の画像には、英語で<イスラム国に乗っ取られた><われわれはどこにでもいる>というメッセージが添えられていた。ただそれだけで、ウイルス感染や個人情報の流出など大きな実害は出ていないという。背後からこっそり忍び寄られてきているようで、むしろ気味が悪い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  5. 5

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  9. 9

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る