分裂騒動が引きガネ 山口組系暴力団幹部「血の粛清」の裏側

公開日:  更新日:

 長野・飯田市の温泉施設の駐車場で、山口組系の暴力団員が銃殺された事件。全メディアが山口組の分裂騒動との関連を指摘し、「すわ、抗争勃発か」と注目される中、殺された組員と同じ組の幹部が8日夜、弁護士を伴って警察に出頭し、逮捕された。

 殺人罪で捕まったのは、飯田市にある山口組傘下組織の幹部、有賀健一郎容疑者(48)。今月6日の正午過ぎ、同じ組織に属していた組員(43)の頭部を銃弾1発で撃ち抜き、殺害した疑い。

 殺された組員は山口組を脱退した神戸山口組系の別組織への移籍を巡って、トラブルになっていたとの情報がある。

「有賀容疑者は普段は牧内と名乗っとった。アイツらの組織は古くから飯田市の繁華街一帯を仕切っていたけど、ここ数年は構成員が減っててな。組織の弱体化につけ込み、牧内たちの“シマ”に進出してきたのが、松本市に本部を置く、別の山口組系組織よ。分裂以前なら、まだ同じ“菱の代紋”ということで共存できたのかも知れんが、松本市の組織は今度の分裂で神戸系について行ってな。しかも、組織きっての武闘派で知られる上部団体の組長は、神戸山口組の若頭補佐に大抜擢された。殺された組員には“飛ぶ鳥を落とす勢い”に見えたに違いない」(ある組関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る