“パクリ疑惑”の「&TOKYO」 製作費1億3000万円に識者苦言

公開日: 更新日:

 東京都の魅力を世界に発信するために作成されたキャッチコピー「&TOKYO」のロゴが、フランスのメガネブランドのロゴなどに似ていると“パクリ”を指摘され、ネット上で大炎上している一件。

 13日に行われた定例会見で舛添都知事(66)は、著作権上の問題はなく商標登録も専門家とクリアにしていることを強調。「記号ですから、似たようなモノはごまんとある」「この前の大会のエンブレムとは全く違うと理解いただければ」と反論したが、むしろ解せないのは、「&TOKYO」という単純なデザインに1億3000万円もの製作費がかかっていることだ。

 東京都の担当者は費用について「商標チェックにかかった経費や、イメージ映像の製作費、グッズのデザイン費など、多岐にわたる」と話した。巨額の税金をつぎ込み商標チェックをしておきながら、“パクリ”疑惑を持たれているのだから、開いた口がふさがらない。経済ジャーナリストの荻原博子氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る