“下着ドロ”高木復興相 「お国入り」ドタキャンで地元総スカン

公開日: 更新日:

 疑惑は深まるばかりだ。過去の“パンティー泥棒事件”が報じられた高木毅復興相(59)。会見では「事実無根」と言うばかりで、いまだに詳細説明はナシ。その高木復興相が大臣就任後、初めて「お国入り」すると聞いて本紙記者が現地に向かうと、あろうことか「ドタキャン」だった。

 高木復興相が「ドタキャン」したのは、福井・越前市の「県和紙工業協同組合」などが主催し、25日、市内の「卯立の工芸館」で開かれたイベントだ。自民党の稲田朋美政調会長と一緒に参加するハズだったが、予定時間を過ぎても現れず、高木氏の事務所の関係者の姿も見えなかった。

 このため、集まった10人ほどの記者は大ブーイング。「卯立の工芸館」の受付を担当する中年女性に話を聞くと、「確かに高木先生は来る予定だったのですが、直前に『不参加』の連絡がありました」。理由を問うと、突然、スーツ姿の若い女性が出てきて、中年女性の腕をグッと掴み「詳細は分かりません」と質問を遮った。代わって稲田事務所の関係者が「(ドタキャンの)具体的な理由は分からない」と説明していたが、それを聞いた地元記者が呆れた様子でこうボヤいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る