“下着ドロ”高木復興相 「お国入り」ドタキャンで地元総スカン

公開日:  更新日:

 疑惑は深まるばかりだ。過去の“パンティー泥棒事件”が報じられた高木毅復興相(59)。会見では「事実無根」と言うばかりで、いまだに詳細説明はナシ。その高木復興相が大臣就任後、初めて「お国入り」すると聞いて本紙記者が現地に向かうと、あろうことか「ドタキャン」だった。

 高木復興相が「ドタキャン」したのは、福井・越前市の「県和紙工業協同組合」などが主催し、25日、市内の「卯立の工芸館」で開かれたイベントだ。自民党の稲田朋美政調会長と一緒に参加するハズだったが、予定時間を過ぎても現れず、高木氏の事務所の関係者の姿も見えなかった。

 このため、集まった10人ほどの記者は大ブーイング。「卯立の工芸館」の受付を担当する中年女性に話を聞くと、「確かに高木先生は来る予定だったのですが、直前に『不参加』の連絡がありました」。理由を問うと、突然、スーツ姿の若い女性が出てきて、中年女性の腕をグッと掴み「詳細は分かりません」と質問を遮った。代わって稲田事務所の関係者が「(ドタキャンの)具体的な理由は分からない」と説明していたが、それを聞いた地元記者が呆れた様子でこうボヤいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る