ISテロ説は捨てきれない ロシア機「垂直落下」に深まる謎

公開日:  更新日:

 乗客乗員224人を乗せたロシア旅客機の墜落は謎が深まるばかりだ。10月31日、紅海のビーチリゾートからロシアに向かって飛び立つと、離陸15分後、エジプト・シナイ半島の上空で交信を絶って墜落。直後に、過激派組織「イスラム国」の関連組織が犯行声明を出し、エジプト政府はこれを否定した。

 テロを示す証拠はなく、犯行声明は“便乗”の可能性があるが、ISはロシアのシリア国内での空爆に反感を募らせていた。そんな時期に起きた墜落だけに、エジプトが犯行声明を覆す“証拠”を出すまでは、疑心暗鬼が続くだろう。

 機体は高度約9000メートルの上空から、ほぼ垂直に落下したとみられている。1分間に約1800メートルも急降下し、レーダーから消えた。軍事ジャーナリストの世良光弘氏が言う。

「昨年7月にウクライナ上空で発生したマレーシア機撃墜事件と似ています。ただ、高度2万メートルまで攻撃できる地対空ミサイル『ブーク』を保有しているウクライナ軍と違い、ISの携行型ミサイルの射程距離は6000メートルが限界とされ、ロシア機を撃墜したとは考えにくい。しかし、ただのエンジントラブルで機体が垂直に落下したとも考えられない。誰かが機内に爆発物を隠して持ち込み、シナイ半島上空で起爆させた可能性を捨てきれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る