普天間「県外移設」主張が一転…島尻大臣の変節の裏にダメ夫

公開日: 更新日:

 安倍改造内閣の新大臣で、島尻安伊子沖縄・北方担当相(50)も火ダルマになっている。もともと民主党の那覇市議だったころ、普天間基地の「県外移設」を主張していたが、離党してからは百八十度方針転換。キャンプ・シュワブゲート前の抗議活動を「規制すべし」とまで言い放つ。地元沖縄県民からは「変節女」と総スカンだが、その裏には凄まじい権力欲と“ダメ夫”がいることがわかった。

 元民主党沖縄県連代表の喜納昌吉氏が事情をよく知っていた。

「安伊子さんが2005年8月に民主党を離党する半年くらい前に、当時、県連代表だった夫の昇さん(57)と安伊子さん、民主党関係者ら数人でカラオケに行きました。その時、安伊子さんはボクに『政治家をやるなら権力側についた方がいいでしょ』とアッケラカンと話した。そして、昇さんとカラオケをデュエット、『いつかはダンナが総理の椅子に~♪』なんて替え歌を歌っていました。笑うに笑えませんでしたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

もっと見る