全社員に購入ノルマ 自爆営業に踏み切ったシャープの行く末

公開日:  更新日:

 懐をえぐるには、シャープな切れ味だ。経営再建中のシャープは、20日から全社員1万7436人を対象に、自社製品の購入を呼び掛ける「シャープ製品愛用運動」をスタート。その一環で、専用サイト「特別社員販売セール」を設けて、役員20万円、管理職10万円、ヒラ社員5万円を目標に、自社製品の購入を呼び掛けている。

「家電部門を仕切る長谷川祥典専務執行役員名の文書には、『厳しい難局を乗り切れるよう協力してほしい』と書かれています。購入額の2%が奨励金としてバックされるとはいえ、会社側はサイトで購入状況をチェックし、だれがいくら使ったかきっちり把握。購入目標は事実上のノルマで、“お願い”は水面下で下請けなどにも及んでいるようです。冬のボーナスは1カ月分ですから、目標を達成したら、寒い年越しになる。“自爆テロ”です」(関係者)

 シャープは、4~9月期の純損益は840億円の赤字で、通期の営業利益予想を800億円から100億円に下方修正した。穴埋めのための“自爆強制”とみられるが、全社員が役員目標まで頑張ったとしても、押し上げ効果は40億円ほど。焼け石に水だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る