• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

池田市長選も敗北…自民大阪を潰す中山議員の無責任体質

 大阪ダブル選挙で大惨敗を喫した自民党が、今度は優勢とみられた大阪府池田市長選(6日投開票)で敗北を喫した。自民、公明、民主推薦の現職が無所属の元職に敗れたのだ。

 これで中山泰秀衆院議員が府連会長に就任してからの5選挙は全戦全敗。いまだに会長職に居座り続ける無責任男、中山議員に対し辞任を求める声は強まるばかりだ。

 当選した倉田薫氏は自民系候補として前々回の府知事選では松井一郎知事と戦った過去がある。今回は、大阪維新の会の市議らが倉田氏を勝手連的に支援した。つまり、まったく選挙運動は組織化されていなかったことになる。与野党相乗りの現職が圧倒的に有利なはずなのに、ボロ負けだから世話はない。

 ある自民府議は憤る。

「党勢が下降気味の中、ダブル選敗北の責任をとって中山さんが辞任したら印象は変わった。都構想の住民投票で負けて潔く引退を表明した橋下流や。ところが、中山さんは居座った。感じが悪くなる一方や」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

もっと見る