池田市長選も敗北…自民大阪を潰す中山議員の無責任体質

公開日:  更新日:

 大阪ダブル選挙で大惨敗を喫した自民党が、今度は優勢とみられた大阪府池田市長選(6日投開票)で敗北を喫した。自民、公明、民主推薦の現職が無所属の元職に敗れたのだ。

 これで中山泰秀衆院議員が府連会長に就任してからの5選挙は全戦全敗。いまだに会長職に居座り続ける無責任男、中山議員に対し辞任を求める声は強まるばかりだ。

 当選した倉田薫氏は自民系候補として前々回の府知事選では松井一郎知事と戦った過去がある。今回は、大阪維新の会の市議らが倉田氏を勝手連的に支援した。つまり、まったく選挙運動は組織化されていなかったことになる。与野党相乗りの現職が圧倒的に有利なはずなのに、ボロ負けだから世話はない。

 ある自民府議は憤る。

「党勢が下降気味の中、ダブル選敗北の責任をとって中山さんが辞任したら印象は変わった。都構想の住民投票で負けて潔く引退を表明した橋下流や。ところが、中山さんは居座った。感じが悪くなる一方や」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る