• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大阪W選の“戦犯” 中山泰秀議員が府連会長に居座りのア然

 大阪ダブル選挙で惨敗した自民党。橋下維新に肩入れした官邸の“裏切り”があったとはいえ、ダブルスコアのボロ負けに、自民党大阪府議団の幹事長・花谷充愉氏(52=大阪市都島区)が1日、幹事長職を辞任した。もうひとりの府連幹事長で大阪市議の多賀谷俊史氏(67=大阪市住吉区)も、「引責辞任の意思を固めた」(府連関係者)という。

 一方、国会議員で最高責任者の中山泰秀府連会長(45)はというと、今月中に発足される「府連再生本部」のトップに居座るようだ。先月30日に大阪市内で行われた全体会議で、「大阪自民党の改革にしっかり取り組んでいきたい」とか言っていたが、チャンチャラおかしい。安倍首相がダブル選の候補者に推薦状を手渡した当日に「ホステスをお持ち帰り」して、その現場を週刊誌に押さえられたのが中山議員だ。ダブル選惨敗の“A級戦犯”である中山議員は本来、真っ先に職を辞すべきではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る