五輪新エンブレム なぜ商標登録に「総額1億円」も必要?

公開日: 更新日:

「えっ、2500万円もかかるの?」と首をひねった人もいるだろう。東京五輪の新エンブレムを選ぶにあたり、1点当たりの商標登録の費用がバカ高いのだ。

 佐野研二郎氏のエンブレムがボツになり、五輪組織委員会は新しいデザインを公募。1万4599件の作品が集まった。委員会はこれを年内に100~200点に絞り込み、来月7日から3日間かけて最終候補作を3、4点選ぶ。その際、何者かに商標登録されないよう事前に登録を済ませる方針だ。

 絞り込みも事前の登録もけっこうだが、気になるのは登録の費用だ。委員会は1点当たり約2500万円かかるとしている。本当にそんなにかかるのか?

 特許庁によると、商標は店やサービスなどに使うマークなど。これを自分のものとして登録することを商標登録と言い、使用範囲を「玩具」「菓子、弁当」「飲食業」など45の区分から選ぶことができる。出願費用は基本の3400円に区分の料金8600円を足して計算する。もし45すべての区分で出願すれば8600円×45で38万7000円。これに3400円を加えた39万400円が出願費用の総額だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  7. 7

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  8. 8

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  9. 9

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  10. 10

    100歳まで生きる時代 老後資金は3つのステージで準備する

もっと見る