「ETF増枠」のイカサマ…市場を敵に回す黒田日銀の姑息

公開日: 更新日:

「日銀がETFを年末まで爆買いするってよ!」――。今年最後となった18日の日銀金融政策決定会合を受け、思わず歓声を上げた個人投資家もいたはずだ。

 黒田日銀が異次元緩和の補完措置を打ち出し、新たに年間3000億円のETF(上場投資信託)買い入れ枠を設定。全国紙も夕刊の1面で、「緩和策強化」「投信買い入れ拡充」などとデカデカと報じた。

「15日の大幅続落局面で、日銀はETF買いに動かず、年間3兆円の購入枠を使い切って買い支えに動けないのか、と不安視された矢先です。12月以降の買い入れ額は1日あたり369億円で、18日も含めて大納会まで営業日はあと8日。369億円×8営業日=2952億円と、新買い入れ枠の発表後、すかさず脳内でソロバンをはじき、『ぴったり符合するぞ!』と年内爆買いを期待したのですが……」(ある証券マン)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

もっと見る