「緩和継続」の裏で…憶測呼んだ日銀・黒田総裁“密会”の相手

公開日: 更新日:

「正論」がカキ消されてしまうあたり、この組織の歪みを物語っている。日銀は7、8日の金融政策決定会合で、異次元緩和策の継続を賛成多数で決めた。「2年で2%」の物価目標が頓挫した揚げ句、この期に及んで緩和維持。日銀の無反省ぶりに“身内”が「待った」をかけたが、たった1人の反乱はあえなく潰された。まるでデキレースのような政策決定のウラで、黒田総裁と安倍政権サイドとの“密会”がささやかれている。

 今回の会合で異次元緩和策に異議を唱えたのは、野村証券出身の木内登英・審議委員だ。日銀は昨年10月末の追加緩和で、長期国債の買い増しペースを年間50兆円から80兆円への拡大を決めた際、木内氏は反対票を投じていた。ついに今回は買い増しペースを45兆円に縮小するよう提案。異次元緩和の継続に反旗を翻したのである。

 木内氏は先月5日に前橋市で開いた金融経済懇談会後の会見でも、追加緩和は「効果よりも副作用の方が多い」「いずれ金融機関から国債を買い入れることができなくなるリスクがある」と切り捨てていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る