すでに始まっている勝者なき「第3次世界大戦」の悲劇的結末

公開日: 更新日:

 パリで同時多発テロが起きるなど、イスラム国の台頭による中東の混乱が世界に飛び火した2015年。フランスではマリーヌ・ルペン党首が率いる極右政党が勢力を拡大し、米大統領選は排外主義者のドナルド・トランプが共和党の指名争いで独走して、イスラム教徒への攻撃を強めている。

 欧米諸国の「有志連合」が空爆を強化させても、イスラム国を壊滅させることは難しく、むしろ大量の難民が発生して、テロ予備軍を生み出すという負の連鎖で、テロの脅威は拡散する一方。世界はキナ臭さを増している。

 ローマ法王が「まるで第3次世界大戦」と語ったように、いま起きているのは、新しい形の「世界戦争」なのである。20世紀の戦争と違うのは、「国家」と「国家」の戦争ではないから、宣戦布告もなければ、講和条約もなく、宗教戦争には終わりがないということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  5. 5

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  6. 6

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  7. 7

    カズ長男が俳優デビュー 三浦獠太が父より憧れたヒーロー

  8. 8

    沈黙を続ける竹内涼真 “乗り換え報道”についに反撃準備

  9. 9

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  10. 10

    安倍政権は火事場泥棒の巣窟 コロナ利権を貪る輩たち

もっと見る