堀田佳男
著者のコラム一覧
堀田佳男ジャーナリスト

1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社などを経て1990年に独立。以来、ワシントンDCを拠点に政治、経済、社会問題など幅広い分野で取材・執筆。25年間の滞米生活を経て2007年帰国。国内外で精力的にジャーナリスト活動を続ける。著書に「大統領はカネで買えるか」「大統領のつくりかた」「エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明」など。

<第1回>トランプ熱烈支持者 「彼ならワシントンの停滞を前進させてくれる」

公開日:  更新日:

 気温マイナス1度。先週降った雪が道路のいたる所に残っている。北風が耳にあたると痛いくらいだ。

 米国のほぼ中央部に位置するアイオワ州。4年に一度の大統領選で、真っ先に予備選が行われる。予備選というのは11月8日の本選挙の前哨戦で、全米50州で州の代表を決める選挙だ。有権者は今年、予備選と本選挙の2回、投票所に足を運ぶことになる。

 次期大統領を決める選挙なので、米国内だけでなく世界中から関心が寄せられる。筆者も日本から州都デモインに入った。

 レンタカーを借りて市内を走ると、候補の街頭演説どころかポスターもほとんど見当たらないのに気づく。実は米選挙にもポスターはあるが、顔写真を載せない。名前だけの地味なものを庭先に刺すのがせいぜいで、投票所のそばで見かけることが多い。

 アイオワ州の予備選はコーカス(党員集会)と呼ばれる話し合いで進行される。きょう(1日)午後7時から有権者が公民館や教会、有識者の家など1681カ所に集まって、話し合いで支持候補が決められていく。当然、票は割れる。最終的には有権者が手を挙げ、委員が各候補の得票数を数えて州本部に連絡をしてコーカスは終わる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る