岡村美奈
著者のコラム一覧
岡村美奈臨床心理士、ヒューマンリスク・コンサルタント

早稲田大学大学院文学研究科・商学研究科修了(文学修士・商学博士)。病院、大学、企業などの講師やカウンセラーを経て、現在、(株)アイシーディー取締役。第一印象やイメージのコンサルティングを行うとともに、ビジネス心理を中心にさまざまな活動を行う。著書に「嘘つきは鼻をこする」(産経新聞出版)。

妻の出産翌日も眉寄せ…宮崎前議員に出ていた“怪しい兆候”

公開日: 更新日:

【連載コラム「仕草で分かる本音と建前」】

「ゲス」という言葉が、これほどぴったり、タイミングよく当てはまる騒動もないでしょう。妻の金子恵美議員(37)が出産準備で入院中、自宅に女性タレントを連れ込んだ不倫疑惑が報道され、あっさりと議員辞職を表明したのは、男性国会議員として初の「育休宣言」で注目された自民党の宮崎謙介前議員(35)。

 疑惑報道を直撃した取材陣に、能面のように表情を消し、後ろめたさからか、視線を向けることなく「お騒がせして申し訳ありません」「また説明いたします」と、やや高い声で、早口に述べると、待たせていた車に素早く乗り込みました。人は不安が強まり神経質になると、筋肉全体が緊張するだけでなく声帯の筋肉も硬くなるため、声が高くなります。さらに不安や脅威を感じる相手から早々に離れたいため早口になりますが、動揺を隠そうと必要以上には話さず、答えに窮することを避けるため質問には答えません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る