サプライズあるのか? 急浮上「黒田バズーカ4」の仰天中身

公開日:  更新日:

 日銀の黒田東彦総裁は動くか――。14日から2日間にわたり開催の日銀金融政策決定会合。1月の前回会合で、黒田総裁はマイナス金利の導入を決めた。市場は“バズーカ3”などともてはやしたが、効果は限定的で「円安・株高」はほんの数日しか続かなかった。

「さすがに2回続けて追加緩和策は打ち出さないと思っていたのですが、先週後半から緩和期待が一気に高まっているのです」(市場関係者)

 10日、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁はマイナス金利の拡大(0・3%→0・4%)や、資産買い入れ規模の積み増しといった追加金融緩和を発表した。

「ドラギ総裁に刺激されて、黒田総裁が動くのではないかと囁かれだしています。しかも麻生財務相は年度末(3月末)の株高を実現させるため、追加金融緩和を催促したと伝わりました。これで“黒田バズーカ4”が急浮上したのです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  9. 9

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る