異例の事態 6代目山口組・司忍組長“緊急上京”情報のウラ

公開日:  更新日:

 分裂した山口組と神戸山口組の対立。29日も東京で一触即発の事態が5カ所で起きた。神戸山口組の幹部が台東区で会合を開き、警視庁の捜査員100人以上が“包囲”したのをはじめ、歌舞伎町、両国、品川、高田馬場でも警察とヤクザのにらみ合いが続き、都内は緊迫ムードに包まれた。

 この1~2週間、都内では6代目山口組と神戸山口組の小競り合いが頻繁に起きている。どうやら、6代目山口組の司忍組長と神戸山口組の井上邦雄組長の“両トップ”が近々、上京するからのようだ。

「29日の台東区での会合は神戸山口組の幹部が友好団体の組長に挨拶するのが主な目的でした。井上組長も直々に挨拶回りに訪れるといわれています」(捜査関係者)

 それにしても異例なのが司忍組長の動きだ。山口組総本部に君臨している“ドン”がわざわざ上京するのは、よほどのことだ。一つは、形勢不利とみられている“空気”を払拭するためだという。暴力団事情に詳しいジャーナリストの鈴木智彦氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る