異例の事態 6代目山口組・司忍組長“緊急上京”情報のウラ

公開日:  更新日:

 分裂した山口組と神戸山口組の対立。29日も東京で一触即発の事態が5カ所で起きた。神戸山口組の幹部が台東区で会合を開き、警視庁の捜査員100人以上が“包囲”したのをはじめ、歌舞伎町、両国、品川、高田馬場でも警察とヤクザのにらみ合いが続き、都内は緊迫ムードに包まれた。

 この1~2週間、都内では6代目山口組と神戸山口組の小競り合いが頻繁に起きている。どうやら、6代目山口組の司忍組長と神戸山口組の井上邦雄組長の“両トップ”が近々、上京するからのようだ。

「29日の台東区での会合は神戸山口組の幹部が友好団体の組長に挨拶するのが主な目的でした。井上組長も直々に挨拶回りに訪れるといわれています」(捜査関係者)

 それにしても異例なのが司忍組長の動きだ。山口組総本部に君臨している“ドン”がわざわざ上京するのは、よほどのことだ。一つは、形勢不利とみられている“空気”を払拭するためだという。暴力団事情に詳しいジャーナリストの鈴木智彦氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る