相次ぐ地震と関連か 阿蘇山「小規模噴火」で100M噴煙も

公開日: 更新日:

 M7.3の「本震」に見舞われ熊本県では16日午前9時過ぎ、阿蘇山から噴煙が上がった。煙は100メートルに達している。この噴火と地震の関係ははっきりしていないが、阿蘇山の噴火という最悪事態に地元住民の恐怖と不安は頂点だ。

 熊本県内の病院や警察によると、16日未明の「本震」などを含め、熊本県内ではこれまでに計30人以上の死亡が確認された。重軽傷者は800人を超えた。

 八代市では火災が発生し、広範囲にわたり炎が燃え広がった。アパートの焼け跡からは1人の遺体が見つかっている。警察は、このアパートに住む70代女性とみて確認作業を進めている。嘉島町では14軒以上の家屋が倒壊。男性2人が生き埋めになり、死亡が確認された。

 菅官房長官は16日朝の会見で「閉じ込め53件、生き埋め23件が発生した」と発表。熊本県によると、益城町で7人、西原村では3人が倒壊した家屋のガレキなどの下敷きになり、生き埋めになっている。また、南阿蘇村の東海大阿蘇キャンパス近くの学生向けアパート5棟で、1階部分が崩壊。11人が生き埋めになった。消防の救助活動が続けられているが、押しつぶされた部屋からは、助けを求める声も聞こえるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

もっと見る