• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あと2年以内に伊豆諸島沖で巨大地震が発生する!?

 多数の死傷者を出した御嶽山の噴火から1年。先月は阿蘇山でも噴火が発生した他、箱根山の火山活動も活発化するなど、日本各地の“地下”で異変が起きている。

 東日本大震災以降、日本列島の活動は新たな局面に移行し、噴火と地震という2つの災害が連鎖して起こる可能性も高くなっている。木村政昭著「次に備えておくべき『噴火』と『大地震』の危険地図」(青春出版社 1250円+税)では、東日本大震災や御嶽山の噴火を予測していた地質学者が、危険エリアと地震や噴火の予測発生時期を明らかにしている。

 今、日本で最も警戒しなければならないのが、伊豆諸島沖での巨大地震であるという。規模はM8.5にも達し、発生時期は2012プラスマイナス5年と著者は予測している。

 今年は2015年であるから、リミットはあと2年だ。伊豆諸島沖のプレートがいかにストレスをため込んでいるかは、2013年11月に西之島近くの海底火山で噴火が確認され、大量の溶岩の噴出によって新島が誕生したことからも推測できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る