あと2年以内に伊豆諸島沖で巨大地震が発生する!?

公開日: 更新日:

 多数の死傷者を出した御嶽山の噴火から1年。先月は阿蘇山でも噴火が発生した他、箱根山の火山活動も活発化するなど、日本各地の“地下”で異変が起きている。

 東日本大震災以降、日本列島の活動は新たな局面に移行し、噴火と地震という2つの災害が連鎖して起こる可能性も高くなっている。木村政昭著「次に備えておくべき『噴火』と『大地震』の危険地図」(青春出版社 1250円+税)では、東日本大震災や御嶽山の噴火を予測していた地質学者が、危険エリアと地震や噴火の予測発生時期を明らかにしている。

 今、日本で最も警戒しなければならないのが、伊豆諸島沖での巨大地震であるという。規模はM8.5にも達し、発生時期は2012プラスマイナス5年と著者は予測している。

 今年は2015年であるから、リミットはあと2年だ。伊豆諸島沖のプレートがいかにストレスをため込んでいるかは、2013年11月に西之島近くの海底火山で噴火が確認され、大量の溶岩の噴出によって新島が誕生したことからも推測できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  6. 6

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  7. 7

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  10. 10

    特攻兵士が残した「全体主義の国家は必ず敗れ去ります」の言葉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る