日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あと2年以内に伊豆諸島沖で巨大地震が発生する!?

 多数の死傷者を出した御嶽山の噴火から1年。先月は阿蘇山でも噴火が発生した他、箱根山の火山活動も活発化するなど、日本各地の“地下”で異変が起きている。

 東日本大震災以降、日本列島の活動は新たな局面に移行し、噴火と地震という2つの災害が連鎖して起こる可能性も高くなっている。木村政昭著「次に備えておくべき『噴火』と『大地震』の危険地図」(青春出版社 1250円+税)では、東日本大震災や御嶽山の噴火を予測していた地質学者が、危険エリアと地震や噴火の予測発生時期を明らかにしている。

 今、日本で最も警戒しなければならないのが、伊豆諸島沖での巨大地震であるという。規模はM8.5にも達し、発生時期は2012プラスマイナス5年と著者は予測している。

 今年は2015年であるから、リミットはあと2年だ。伊豆諸島沖のプレートがいかにストレスをため込んでいるかは、2013年11月に西之島近くの海底火山で噴火が確認され、大量の溶岩の噴出によって新島が誕生したことからも推測できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事