阿蘇山噴火だけでは終わらず 次の「危険な火山」を専門科警告

公開日:  更新日:

 列島の火山活動は収まる気配がない。気象庁は14日、熊本県・阿蘇山の中岳(標高1506メートル)第1火口で噴火が発生したと発表。火口からは大きな噴石が飛散、噴煙は2000メートルまで上がり、噴火警戒レベルは2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げられた。

「阿蘇山は昨年11月、中岳第1火口でマグマ水蒸気爆発を起こしています。小規模噴火でしたが、阿蘇山の火山活動は依然、活発化しています。阿蘇山で心配なのは過去“経験”のある『カルデラ噴火』です。東京ドームの10万倍分のマグマが噴き出します。北九州全域が火砕流に覆われます。阿蘇山のカルデラ噴火は前回が9万年前。いつ起きてもおかしくありません」(『火山入門』の著者で武蔵野学院大特任教授・島村英紀氏)

 今年は全国で噴火が相次いでいる。5月には鹿児島県・口永良部島の新岳で爆発的噴火が発生。4月以降、噴火が急増した鹿児島県・桜島は8月に噴火警戒レベルが初めて4(避難準備)に引き上げられた(現在はレベル3)。次はどこが危ないのか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る