• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【火山列島ニッポン】東日本大震災のあと御嶽山ほかが急速に活発化する火山列島。大噴火は起こるのか?

「火山はすごい」鎌田浩毅著

 京都大学で教壇に立つ火山学者が書いた火山入門。面白いのは「ぜんぜんやる気のない学生」だった著者が、いかにして火山の魅力に目覚めてゆくか、その個人的な経緯からやさしく面白く説き起こしていること。

 適当な就活で就職した通産省地質調査所(当時)時代に出合った阿蘇山の雄大な風景と、懇切に指導して「師匠」になってくれた上司の思い出。こういう入り方なら中高生でも気軽に読んで親しめそうだ。現に京大では毎年数百人の受講生のいる教養科目で人気第1位を獲得しているという。

 本書でとりあげられた火山は阿蘇山、富士山、雲仙普賢岳、有珠山、三宅島、そして御嶽山。実は本書の初版は02年に出たのだが、その後、11年に地震災害の東日本大震災が起こり、昨年は御嶽山の噴火で戦後最悪の火山災害が発生。それらを受けて御嶽山の章も追加され、現状と今後の予測を踏まえた長いあとがきも加えられた。

 ちなみに全国の活火山の数も初版当時は86個だったが、いまは110個に増えているという。それだけ日本列島の火山活動は活発になっているわけで、まさに「1000年ぶりの大地変動の時代」に入っているのである。(PHP研究所 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る