【火山列島ニッポン】東日本大震災のあと御嶽山ほかが急速に活発化する火山列島。大噴火は起こるのか?

公開日: 更新日:

「火山はすごい」鎌田浩毅著

 京都大学で教壇に立つ火山学者が書いた火山入門。面白いのは「ぜんぜんやる気のない学生」だった著者が、いかにして火山の魅力に目覚めてゆくか、その個人的な経緯からやさしく面白く説き起こしていること。

 適当な就活で就職した通産省地質調査所(当時)時代に出合った阿蘇山の雄大な風景と、懇切に指導して「師匠」になってくれた上司の思い出。こういう入り方なら中高生でも気軽に読んで親しめそうだ。現に京大では毎年数百人の受講生のいる教養科目で人気第1位を獲得しているという。

 本書でとりあげられた火山は阿蘇山、富士山、雲仙普賢岳、有珠山、三宅島、そして御嶽山。実は本書の初版は02年に出たのだが、その後、11年に地震災害の東日本大震災が起こり、昨年は御嶽山の噴火で戦後最悪の火山災害が発生。それらを受けて御嶽山の章も追加され、現状と今後の予測を踏まえた長いあとがきも加えられた。

 ちなみに全国の活火山の数も初版当時は86個だったが、いまは110個に増えているという。それだけ日本列島の火山活動は活発になっているわけで、まさに「1000年ぶりの大地変動の時代」に入っているのである。(PHP研究所 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る