余震続く中…新幹線&九州道「全面復旧」に専門家が懸念

公開日:  更新日:

 九州の“大動脈”が急ピッチで復活だ。28日に全線の運行再開を目指す九州新幹線に続き、九州自動車道も月内に全線復旧の見通しとなった。

 交通インフラの全面回復によって被災地支援の加速が期待されるが、はたして、それほど早く復旧させていいのかどうか。

 熊本では今なお大きな余震が頻発し、気象庁は「過去に例のない地震で今後の予測は難しい」とお手上げ状態だからだ。高速の乗り物ほど地震直撃の被害は甚大なだけに、早期復旧には不安もつきまとう。

 ましてや、14日と16日に連続発生した最大震度7の巨大地震の震源地は、九州道「嘉島JCT」のすぐそば。横ずれにより地震を引き起こした「日奈久断層帯」は益城町から南西に八代市まで延びる。その断層帯とほぼ平行に走るのが九州道であり、新幹線なのだ。


 政府の地震調査委員会は日奈久断層帯のうち、八代市付近の部分が動いた場合、推定M7.5の地震が発生、地表が水平方向に3メートル以上ずれる可能性を指摘。八代市内は九州新幹線のトンネル密集地で、第2今泉(4680メートル)、田上(6988メートル)など全線最長規模の山岳トンネルが続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る