余震続く中…新幹線&九州道「全面復旧」に専門家が懸念

公開日: 更新日:

 九州の“大動脈”が急ピッチで復活だ。28日に全線の運行再開を目指す九州新幹線に続き、九州自動車道も月内に全線復旧の見通しとなった。

 交通インフラの全面回復によって被災地支援の加速が期待されるが、はたして、それほど早く復旧させていいのかどうか。

 熊本では今なお大きな余震が頻発し、気象庁は「過去に例のない地震で今後の予測は難しい」とお手上げ状態だからだ。高速の乗り物ほど地震直撃の被害は甚大なだけに、早期復旧には不安もつきまとう。

 ましてや、14日と16日に連続発生した最大震度7の巨大地震の震源地は、九州道「嘉島JCT」のすぐそば。横ずれにより地震を引き起こした「日奈久断層帯」は益城町から南西に八代市まで延びる。その断層帯とほぼ平行に走るのが九州道であり、新幹線なのだ。


 政府の地震調査委員会は日奈久断層帯のうち、八代市付近の部分が動いた場合、推定M7.5の地震が発生、地表が水平方向に3メートル以上ずれる可能性を指摘。八代市内は九州新幹線のトンネル密集地で、第2今泉(4680メートル)、田上(6988メートル)など全線最長規模の山岳トンネルが続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る