• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

民進党政策に酷似 政府「1億総活躍プラン」にパクリ疑惑

 政府が18日まとめた中長期計画「ニッポン1億総活躍プラン」で掲げた主要政策が、野党第1党である民進党の政策をパクった疑いのあることが分かった。

 例えば「同一労働同一賃金実現へ法改正」はもともと、民進党がマニフェスト(原案)で掲げていたものだ。また「最低賃金は全国加重平均で時給1000円を目指す」との政策も、民進党の「最低賃金を2020年までに全国平均時給1000円に引き上げ」と同じ。

 待機児童問題では、民進党が「保育士の給与を月額5万円の引き上げ」を訴えているのに対し、政府案は「ベテラン保育士の月給を最大4万円程度引き上げる」ことが明記された。

 ほかにも「介護人材で月平均1万円相当の改善」「給付型奨学金」「児童扶養手当の第2子以降の引き上げ」など、どれも民進党のマニフェストとそっくり。自民党は政府が公表した主要政策を参院選の公約にも入れる考えで、ロコツな「争点潰し」と言っていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る