民進党政策に酷似 政府「1億総活躍プラン」にパクリ疑惑

公開日: 更新日:

 政府が18日まとめた中長期計画「ニッポン1億総活躍プラン」で掲げた主要政策が、野党第1党である民進党の政策をパクった疑いのあることが分かった。

 例えば「同一労働同一賃金実現へ法改正」はもともと、民進党がマニフェスト(原案)で掲げていたものだ。また「最低賃金は全国加重平均で時給1000円を目指す」との政策も、民進党の「最低賃金を2020年までに全国平均時給1000円に引き上げ」と同じ。

 待機児童問題では、民進党が「保育士の給与を月額5万円の引き上げ」を訴えているのに対し、政府案は「ベテラン保育士の月給を最大4万円程度引き上げる」ことが明記された。

 ほかにも「介護人材で月平均1万円相当の改善」「給付型奨学金」「児童扶養手当の第2子以降の引き上げ」など、どれも民進党のマニフェストとそっくり。自民党は政府が公表した主要政策を参院選の公約にも入れる考えで、ロコツな「争点潰し」と言っていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る