入管が偽造パスポート見逃す…サミット開幕前の厳戒中に

公開日:  更新日:

 伊勢志摩サミットを控えた今月18日、成田空港で、外国人の男が持っていた偽造したとみられるパスポートを入国管理局が審査で見逃し、入国を一時許可していたことが分かった。

 その後の税関の検査で偽造の疑いが発覚、税関から連絡を受けた入管が再度、男の入国審査を行い、偽造パスポートで不法に入国しようとした出入国管理法違反の疑いで警察に告発した。警察は24日、同容疑で男を逮捕した。

 男が所持していたのはフランス人名義のパスポート。男は中東地域の国籍とみられ、パスポートの写真欄に自分の写真を貼り付けただけの単純な偽造だった。

 当時、成田空港ではサミット開幕を控え、入管を含む関係機関が偽造パスポートによる不法入国などに対して警戒を強めていたさなかに起きたミスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る