日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

もはや看過できない政治家と一般人の不公平

 結局、厳しい目の第三者による調査報告書は「違法性なし」だらけだった。舛添都知事の政治資金の公私混同問題は、政治資金規正法や政党助成法が、いかに「ザル法」であるかを満天下に知らしめた。

 盆や正月の家族同伴の温泉宿泊、ヤフオクで落札しまくった多すぎる絵画・版画、我が子に買い与えた疑いのある「クレヨンしんちゃん」――「不適切」と指摘された支出は凄まじい数に上る。元手の大半は税金が原資の政党交付金だ。舛添都知事の公私混同が罪に問われないのは、支出の是非に関する法の定めが一切ないためだ。

 どんなに怪しい支出でも「政治活動だ」と強弁すれば許されてしまう。家族との豪華ディナー代だって、支払い先の飲食店のオーナーを「支援者」に見立てれば、「政治活動の一環である支援者との家族ぐるみの交流」という解釈だって成り立ってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事