• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

官邸発の「有力候補」 民進・長島昭久推しのあざとい思惑

 “あざとい”臭いがプンプンする。都知事選の候補者のひとりに民進党の長島昭久衆院議員の名前が挙がっているが、どうやら官邸サイドが情報を流しているらしい。官邸情報に強い時事通信社特別解説委員の田崎史郎氏も、テレビで「都連幹事長を務め、都議と関係が深い」と、長島氏を本命候補に挙げていた。

 しかし、他に名前の挙がる人物と比べ知名度が低く、政治家としての実績も少ない。こんな小粒な人物を、なぜ官邸は“有力候補”に仕立て上げようとするのか。永田町関係者がこう言う。

「長島氏は石原伸晃経済再生相の元秘書。思想信条は自民党に近く、いわば石原ファミリーです。オリンピックに向け、“オール与党”で乗り切ろうという雰囲気になれば、自公は“相乗り”するつもりかもしれない。そうでなくとも、相乗りムードを漂わせるだけで、参院選の野党共闘に水を差すことができる。“野党分断”にもなりかねません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る