安倍政権が図る 「めぐみさん娘の訪日」で拉致問題幕引き

公開日: 更新日:

 北朝鮮による拉致問題が再び動き始めた。「北朝鮮からの働きかけで、日朝協議再開に向けた話し合いが水面下で進められている」(朝鮮半島事情通)というのだ。

 安倍首相は「自分の政権で必ず解決する」と大見えを切ったものの、金正恩朝鮮労働党委員長の暴走もあって完全に暗礁に乗り上げていた。それがこのタイミングで展開するとは、参院選のポイント稼ぎに利用しようという意図がプンプンする。

 2014年のストックホルム合意に基づき、拉致被害者の再調査を担った特別調査委員会は2月に解体。すっかりたなざらしにされていた。1月の核実験などに対する日本の独自制裁に金正恩が逆ギレしたためだ。

「北朝鮮を取り巻く状況は悪化の一途。国際的な経済制裁に後ろ盾の中国も同調したことで、金正恩はますます追い込まれている。国連に制裁解除を必死になって働きかけているものの、効果なし。干上がる寸前の北朝鮮から日本サイドに持ちかけたのです」(前出の朝鮮半島事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る