世論の反発恐れ 東京都議会がリオ五輪“大名視察”中止へ

公開日:  更新日:

 定見のない連中だ。東京都議会が、リオ五輪の“大名”視察を中止する方向で調整しているという。

 宿泊費の高騰などで、総経費が当初の6200万円から1億円にまでハネ上がる可能性があり、舛添要一前知事の高額出張費などを批判してきた都議会は、世論の反発を恐れたようだ。

 計画では、自公、民進系の都議27人が五輪とパラリンピックの開会式と閉会式に合わせ、4回に分けて現地入りする予定だった。ところが、宿泊費が条例の上限額の10倍近くまで高騰。舛添氏さながら、「税金の無駄遣い」と批判を受け、各会派は派遣規模の縮小を検討していた。

 世論の反発がなければ、シレッと視察に行くつもりだったのだろう。都議も同じ穴のムジナだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る