世論の反発恐れ 東京都議会がリオ五輪“大名視察”中止へ

公開日:  更新日:

 定見のない連中だ。東京都議会が、リオ五輪の“大名”視察を中止する方向で調整しているという。

 宿泊費の高騰などで、総経費が当初の6200万円から1億円にまでハネ上がる可能性があり、舛添要一前知事の高額出張費などを批判してきた都議会は、世論の反発を恐れたようだ。

 計画では、自公、民進系の都議27人が五輪とパラリンピックの開会式と閉会式に合わせ、4回に分けて現地入りする予定だった。ところが、宿泊費が条例の上限額の10倍近くまで高騰。舛添氏さながら、「税金の無駄遣い」と批判を受け、各会派は派遣規模の縮小を検討していた。

 世論の反発がなければ、シレッと視察に行くつもりだったのだろう。都議も同じ穴のムジナだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る