• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

川内原発も争点に 鹿児島知事選は自公支援の現職が大苦戦

 都知事選の騒ぎにすっかり隠れてしまっているが、参院選と同日(10日)に投開票を迎える鹿児島県知事選が面白くなってきた。自公支援の現職が敗れる可能性が高まっているのだ。

 選挙は、4選をめざす現職の伊藤祐一郎氏(68)と民進や社民の支援を受ける新人で元テレビ朝日コメンテーターの三反園訓氏(58)の一騎打ち。

 鹿児島といえば、九州電力の川内原発がある。この稼働の是非が争点のひとつになっていて、再稼働にGOサインを出した現職が安全性を強調する一方、新人は熊本地震の影響を点検するため一時停止を主張している。選挙結果が原発政策に影響するのは間違いない。

 だからなのか、自民は現職の応援に谷垣幹事長まで投入するほど力を入れているが、報道各社の情勢調査で2人は「横一線」。新人が優勢な調査もあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る