増田氏は今井絵理子を動員 都知事選“候補者たちの選挙戦”

公開日: 更新日:

 告示後初の3連休だった東京都知事選(31日投開票)。小池百合子元防衛相(64)、増田寛也元総務相(64)、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)の主要3候補の遊説は三者三様だったが、結局は“有名人”頼みだ。先頭を走るのは先出しジャンケンの小池氏。逃げ切るのか。

■序盤リードの小池氏

 序盤の世論調査では小池氏と鳥越氏が競り合い、増田氏が追う展開だ。共同通信社の情勢分析によると、保守分裂の片方の小池氏は自民党支持層の3割強を取り込み、無党派層の3割も支持。一方、増田氏は公明支持層をまとめたものの、自民支持層は3割ほどしか固められず、小池氏に食われた格好だ。野党統一候補の鳥越氏は民進と共産支持層をそれぞれ6割近く固めたという。

 序盤戦でリードしているだけあって、街中での小池氏の人気は抜群。連休の3日間で20カ所の街頭に立った。国会議員時代のタカビーな態度はオクビにも出さず、ハチマキを締めて庶民派ヨロシク握手を求めていく。「東京ができることからやりましょう」と育児や介護支援、環境対策などを小気味良く訴えると、老いも若きも「小池百合子だ!」と足を止めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る