• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小池vs自民の真相は? 都知事選の明暗分ける7つの核心<上>

【1】小池百合子と自民の喧嘩は本気かポーズか

 1300万人が暮らす首都をつかさどるポストに誰が選ばれるのか。東京都知事選が14日告示され、17日間の選挙戦の火ぶたがついに切って落とされた。

 予算膨張に歯止めが利かない東京五輪・パラリンピック、介護や子育ての不安解消、迫りくる首都直下地震への備え……。東京が抱える難問は山積なのに、メディアの関心は与野党そろって迷走を深めた候補者選びのスッタモンダばかり。候補同士の政策論議はちっとも深まらないまま、本番を迎えてしまった。

 テレビの情報番組の餌食と化した“ワイドショー選挙”に火を付けたのは、間違いなく小池百合子元防衛相(63)だ。きのうの日本記者クラブでの共同会見でも、自民推薦の増田寛也元総務相(64)を挑発していたが、さすがに自己演出に長けた女性政治家である。

 推薦依頼を拒んだ自民党都連を「抵抗勢力」に見立てたパフォーマンス政治は、「小池劇場」の名にふさわしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る