小池vs自民の真相は? 都知事選の明暗分ける7つの核心<上>

公開日:  更新日:

【1】小池百合子と自民の喧嘩は本気かポーズか

 1300万人が暮らす首都をつかさどるポストに誰が選ばれるのか。東京都知事選が14日告示され、17日間の選挙戦の火ぶたがついに切って落とされた。

 予算膨張に歯止めが利かない東京五輪・パラリンピック、介護や子育ての不安解消、迫りくる首都直下地震への備え……。東京が抱える難問は山積なのに、メディアの関心は与野党そろって迷走を深めた候補者選びのスッタモンダばかり。候補同士の政策論議はちっとも深まらないまま、本番を迎えてしまった。

 テレビの情報番組の餌食と化した“ワイドショー選挙”に火を付けたのは、間違いなく小池百合子元防衛相(63)だ。きのうの日本記者クラブでの共同会見でも、自民推薦の増田寛也元総務相(64)を挑発していたが、さすがに自己演出に長けた女性政治家である。

 推薦依頼を拒んだ自民党都連を「抵抗勢力」に見立てたパフォーマンス政治は、「小池劇場」の名にふさわしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る