総額883万円 携帯レンタル代は“コスト10分の1”に縮減可能

公開日: 更新日:
“浪費”はこの人だけの問題ではない(左は舛添前都知事)・ケタ違いの通信料(14年のロンドン・ベルリン出張の内部資料から)/(C)日刊ゲンダイ

 任期2年4カ月の間に計9回、7カ国を訪問し、2億4700万円を乱費していた舛添前都知事――。

 海の向こうの出張先での携帯電話の調達まで旅行代理店に丸投げし、単価も言いなり。職員1人に1台持たせ、中には1日平均4時間半もしゃべり倒した“猛者”もいた…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る