• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

稲田朋美防衛相 過去の評価イマイチも出世街道まっしぐら

福井1区・当選4回・57歳

 当選4回で2度目の入閣、それも防衛大臣である。

 異例の当選3回で行革担当相に大抜擢された後は、政調会長、今回の再入閣と、一度の休みもなく出世街道まっしぐらだ。もっとも政調会長としては「二階総務会長におんぶに抱っこ」(自民党ベテラン議員)と揶揄されたほど、独り立ちには程遠かった。それでも重要閣僚に起用するとは安倍首相は贔屓がすぎる。

 安倍が稲田を寵愛するのは、右翼的思想が一致しているから。そもそも政界入りは安倍のスカウトがきっかけだ。

●弁護士…1959年、福井県生まれ。早稲田大法卒。85年に弁護士登録。89年に同じ弁護士の稲田龍示氏と結婚。1男1女がいる。

「弁護士時代の05年7月に自民党の若手議員の会合で『南京事件』に絡んで講演した稲田さんを当時、幹事長代理だった安倍さんが気に入り、衆院選出馬を要請。同年9月の郵政選挙で“刺客”として初当選した。小泉チルドレンがバタバタ倒れた09年の政権交代でも生き残ったように選挙は強い」(自民党関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る